ページトップへ

リンゴ園のゆうなちゃん

おとうさんの宝物

リンゴ園のゆうなちゃん
うなちゃんのおうちには大きな炬燵があります。
おうちを建てる時、おとうさんは
「こんな炬燵を置くので、それに合わせて家をつくってください」と
工務店の人にお願いしました。
おとうさんが子どもの頃、今のおばあちゃんのおうちに住んでいた時、
そこにも大きな炬燵があって、
寒い冬の日、学校から帰ってきたおとうさんは、
急いでそこにもぐり込んだものでした。
炬燵ふとんにくるまってぬくぬくしていた幸せな時間は、
おとうさんの大切な思い出です。
  炬燵
  • みんなではいるほかほかの炬燵で新しい思い出づくり

ほかほかの炬燵で新しい思い出づくり

吹き抜けから明るい陽射しが降り注ぐリビング。わざとアシメトリーにした障子が空間にニュアンスを加えます。

もうひとつ、おとうさんがどうしても欲しかったものがあります。
それは縁側。
おひさまが降りそそぐ縁側は、ゆうなちゃんも大好き。
きょうはおとうさんとお茶を飲んで、ちょっぴり大人の気分。
ご近所の人がやってきて休んでいくのも、この縁側です。
  ゆうなちゃんとパパ
  • おとうさんのもう一つの宝物

おとうさんのもう一つの宝物

軒が深いので少々の雨でも濡れません。素朴な味わいに仕上げた縁側の下には砂利を敷いて水はけよく。

ゆうなちゃんとパパとママ  
これから先もずっと、
ゆうなちゃんがたくさんの良い「ご縁」に恵まれますように。
おとうさんとおかあさんのそんな思いもこもる縁側です。
  • 自然が身近な広々とした縁側

自然が身近な広々とした縁側

重心を低く、2階建てなのに平屋のように見えるS様邸。自然のエネルギーを利用するためのソーラーパネルも取り付けました。