ページトップへ

エアサイクル住宅とは

エアサイクル住宅

エアサイクルの家

冬は暖かく、夏は涼しい。そんなエアサイクルの家の秘密は、空気を循環させる"エアサイクルシステム"にあります。

壁、小屋裏、床下に空気が循環する連通空間を作り、冬は暖気、夏は涼気を通わせることで、住まいを快適に保ちます。寒さや暑さを和らげるのはもちろん、湿気を取り除き温度差を少なくすることで、結露・カビ・ダニなどを防ぎ、家族みんながいつも気持ちよく暮らせます。

 

エアサイクルの家 4つの効果

健康

湿気をおさえて、ダニやカビの発生を防ぎます。床の冷たさや部屋間の温度差が少ないのでストレスがかからず、心身共に健康的です。

快適

空気の流れが建物の冷たさ、温かさ、温度差、湿気を調整緩和して、さわやかで快適な住み心地をつくります。

長寿命

まわる空気が壁体内や床下からの湿気を取り除いて、腐朽菌の発生を防止。建物の寿命を延ばします。

省エネ

太陽熱や地熱、風などの自然エネルギーの利用で、冬暖かく、夏は涼しい。だから冷暖房費を節減できます。凍結防止帯は必要ありません。

 

エアサイクルの家 4つの効果

 

 

エアサイクルのしくみ

 

冬の働き

日射面の外壁や、屋根から太陽熱を躯体内に取り込む

躯体内で、南側の温度の高い(軽い)空気は上昇します。その流れにひっぱられて北側の温度の低い(重い)空気が南側へ動きます。こうして、躯体内で、南側の暖かい空気は、北側へ運ばれ、北側の冷たい空気は南側へ運ばれて、暖められるという流れが生まれます。

家全体を一定に保つ太陽熱や地熱で暖められた空気が、床下や壁の中、天井内の通気層を循環。南面の暖かさを北面や床下に運び、逆に冷たい空気を南面に運び、再び暖められて循環します。この循環が、ゆっくりと繰り返され、住空間全体が暖かい空気でつつまれるので、トイレや廊下のあのひんやりとした不快感がなくなります。

※エアオープナー(小屋裏換気口)とエアサイクラー(床下換気口)は冬の間は閉じています。

  • PCよりflashイラストにて詳細を
    ご覧頂けます

 

夏の働き

躯体内に上昇気流が生まれ、小屋裏から熱気が排出される

躯体内に下から上へ通ずる空気の道が出来ます。こうして暖かい空気は上昇するという自然の原理によって、家中の熱気が湿気もろともエアオープナー(小屋裏換気口)から排出されます。暑くなればなる程、上昇気流は激しくなり、熱気を排出しながら床下からの冷気は大量に採り入れられ、家全体を包み込むように流れます。

床下の冷たい空気が躯体内にひっぱられる

エアサイクラー(床下換気口)を開放し、上昇する熱気をエアオープナー(小屋裏換気口)から排出。それと同時にエアサイクラー(床下換気口)から、風や大地の涼気を取り入れて、建物全体を涼しくします。

※エアオープナー(小屋裏換気口)とエアサイクラー(床下換気口)は夏の間は開けています。

  • PCよりflashイラストにて詳細を
    ご覧頂けます

実績が違います。
> 美し信州建設は25年以上、健康住宅に取り組んできました。
その理由は…

  詳しくは
エアサイクルホームページ