ページトップへ

創業者の思い
~心の中の私の村~

心の中の私の村

~心の中の私の村~

 
美し信州建設の会長・中嶋守夫が、家づくりの基本的思想を支えている
"生きていく上で大切にしているもの"について語ります。
心の中の私の村

子どもの頃、
村の道はくねくねしていた。
角を曲がるたびに、
風景は生き物のように姿を変えた。
車が通れない狭い道を
ひとが通り、牛が通り、蛙が横切り、
バッタがぴょんと飛び越えた。

いま道はまっすぐ、
大きくなり、
畑も田んぼも整然と
よそゆきの顔をしている。

でも私の中に
大切にしまわれているのは
昔のままのふるさとの村。
清流の中で川魚が跳ね、
雑木林を青い風が渡ってゆく
日本一美しい、
ふるさとの村なんだ。

次は「原点はふるさとの村」