ちいさくても、ゆたかな暮らしを目指して。

 

 

建築家・伊礼智さんの設計手法を基に、お客様のライフスタイルに合わせてご提案する住まい。

 シンプルで上質、内と外をゆるやかにつなぐ、目に見えないものもデザインする。

 美し信州建設+建築家・伊礼智さんがお届けする、コンパクトだけれど心地良い空間。

 

 資料請求をする

伊礼智と美し信州建設のコラボレーション「新しい懐かしい信州の住まい」

 伊礼智さん×美し信州建設の住まいを見学する

 

 

多くの人が心地よいと思える家を、手が届く価格で。

 

これまで建築家の建てる住まいは、ある特定の個人のための「特殊解」な家でした。

しかしながら、心地よさを突き詰めていくと、多くの人が居心地がよいと感じる「一般解」にたどり着きます。

建築家の伊礼智さんは、そんな心地よいと感じるスタンダードな住まいをこれまでも目指されてきました。

i-works projectは、そんな伊礼智さんの家づくりをプランに集約したものです。

設計と施工の両面から無駄を省くことで、頑張れば手が届く価格で永く愛着をもって暮らすことができる住まいの提供を目指しています。

わたしたちはこれまで多くの建築家と協働し、たしかな施工で支持されてきましたが、伊礼智さんのそんな思いに共感し、i-works projectに取り組むこととしました。

 

 

 

 

 

 

PLAN  目指したのは、プレタポルテな家づくり。

「プレタポルテ」とはアパレル業界で「質の高い既製服」の意味。

誰かのためのフルオーダー住宅「オートクチュール」ではなく、建築を「標準化」することにより、オートクチュールの上質さを纏(まとわ)った既製服を、手が届きやすい価格で提供する。それがこの i-works project の狙いです。  

 

 

画像

大屋根が印象的な1.0は、延床29.32坪。勾配天井の吹き抜けの開放感で、家族4人がのびのびと暮らすことができます。玄関脇には外物置もあり、収納力は充分です。

→詳しくみる

画像

もっともコンパクトな、3.5間x3.25間。コンパクトな中にも暮らす人の居場所を確保。限られた面積の中で、考え抜かれた無駄のない空間構成になっています。かわいらしさNo1。

→詳しくみる

 

画像

i-works 1.0と2.0の ”ちょうど中間” の3.5間角のベース。納戸付きの広々とした玄関スペースに加え、L型のキッチンを採用して回れる家事動線を実現。下屋との組合せも可能です。

→詳しくみる

画像

i-works初の平屋タイプ(申請は2階建て)。4畳半を組合せたプランには、使いやすいコックピット型のキッチンを採用。真壁工法でi-worksの中でもっとも目視率が高い。

→詳しくみる

 

 


 

  建築家 伊礼智 
1982年、琉球大学理工学部建設工学科卒業後、東京芸術大学美術研究科大学院修了(奥村昭雄研究室)。丸谷博男+エーアンドエーを経て、1996年伊礼智設計室開設。現在、東京芸術大学美術学部建築科の非常勤講師を務めるほか、全国で講演や設計指導を行う。
受賞歴
2006年 「東京町家・9坪の家」第5回エコビルド賞
2007年 「東京町家・町角の家」
       第4回、真の日本の住まい提案競技経済産業大臣賞 
2007年 「東京町家・町角の家」第6回エコビルド賞
2008年 「世田谷の家」 トステム設計コンテスト 金賞受賞 
2013年 「i-works project」でグッドデザイン賞 
2014年 「守谷の家」でグッドデザイン賞
2014年 「高岡の家 もみじ」で富山建築賞 優秀賞
2016年 「つむぐいえ」でグッドデザイン賞       
      「大工の手」の活動で「わざわ座」のメンバーとともに グッドデザイン賞

主な著作:『伊礼智の住宅設計作法』(2009年 編集/新建新聞社・発行/アース工房)/『伊礼智の住宅設計』(2012年 発行/エクスナレッジ)

 

 

美し信州建設の注文住宅を体感していただけるイベント開催中です。

ご興味をお持ちの方、こちらからご覧ください。

イベント情報を見る

ページトップへ