スタッフブログ

工事 滝澤和成 自己紹介へ

和紙=心地よいDNA

2020/12/16(水) 工事 滝沢和成

来週お引渡しとなるS様の家の南大開口窓に入る大型障子です。幅1600高さ2000の一枚の障子です。戸袋にすっきりとおさまるようになっています。写真を撮ったのは晴れた日中です。冬の低い太陽高度で建物の奥まで日差しが届きます。障子を閉めることで光が分散され、まるでぼんぼりのようにやさしい日差しが部屋全体を照らしてくれます。古く昔から使われている和紙ですが、このやさしい明るさが心地よいと日本人のDNAにはインプットされているのではないでしょうか?


 美し信州建設の公式SNSもチェックしてください

facebookはこちら

Instagram はこちら

Pinterestはこちら

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

ご質問も受け付けております♪

記事一覧

1ページ (全279ページ中)

ページトップへ