スタッフブログ

工事 上原大輔 自己紹介へ

寝室の二酸化炭素濃度

最近、朝起きた時に少しだるさあり睡眠の質を改善しようと会社の二酸化炭素測定器をお借りし、

寝室の寝る前と、起きた時の濃度を測定してみました。

寝る前は466PPMと濃度は正常の範囲でしたが、翌日起きて測定したところ

なんと、測定可能値をオーバーしHIの表示が、、、

6畳ほどの洋室に妻と私と子供の三人でそれだけ多く二酸化炭素を出しているのだと実感しました。

最近は暖かくなってきましたので、窓を少し開けて寝るだけで、起きた時のだるさが改善されました。

目に見えない空気のことも考え、住環境を整えることがとても大切だと実感しました。

寝る前 ↓                 起きた時 ↓

     

 

記事一覧

1ページ (全290ページ中)

ページトップへ