スタッフブログ

この屋根裏をいると紙のような物が垂れ下がっているのがわかります。これは折板屋根の結露防止で、工場出荷時に取り付けられた断熱材です厚みは2mmほどですが10年くらいで紫外線の影響か劣化で剥がれ落ちてきます。断熱材が無いと結露を起こし水滴が車庫の至るところに落ちてきます。

これの修理を依頼され現場を見に来たのですが、修理するには吹付けの断熱材で施工するほかありません。職人さんと話をしましたが一番大変なのはウレタンを吹き付ける作業より古いウレタン断熱材を剥ぐ作業だそうです。このように成ってしまった車庫は多く見られる様な気がします。是非このような件でお困りの方はお問い合わせ頂きたいと思います。

記事一覧

1ページ (全221ページ中)

ページトップへ