とある家の床の間を解体した時、匠の技を発見しました。写真は床の間の違い棚に取付てあった筆返しなるものです。とても古い床の間でしたのですでに100年以上経過していました。材料はケヤキの無垢材で木口を隠すために同材の木目の部分を加工し、にかわで張り付けてありました。現在のように機械で造るのではなく全て手でこの美しいカーブを作っています。今これを作る技術を持っている方は本当に少ないと思います。リフォームで解体を行うとこの様な匠の技などに出会う事がありますが本当に勉強に成りまた感心させられます。


 美し信州建設の公式SNSもチェックしてください

facebookはこちら

Instagram はこちら

Pinterestはこちら

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

ご質問も受け付けております♪

1ページ (全357ページ中)