10月に福島の大内宿へ旅行に行ってきました。

寄棟の茅葺屋根が通りに沿ってきれいに並んでいる宿場町で、会津若松と日光をつなぐ会津西街道にあります。

江戸時代当時の姿が色濃く残されており、重要伝統的建築物群保存地区に選定されています。

並ぶ民家は土産屋や蕎麦屋、民宿などになっており、多くの観光客でにぎわっていました。

長野県内の宿場町とはまた違った風景で、とても感動しました。

夜は屋号の明かりにほんのり照らされ、昼間とは違い静かな街道全体が幻想的な景色になっていました。

7年物の雪中貯蔵の日本酒をお土産に、とてもいい旅行になりました。

次はどこの宿場町に行こうかなあ。


 美し信州建設の公式SNSもチェックしてください

facebookはこちら

Instagram はこちら

Pinterestはこちら

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

ご質問も受け付けております♪

1ページ (全357ページ中)