社長 中嶋守夫 自己紹介

検査について

お客様に家をお引渡しする前にはいくつか検査があります。まずは着工前に地盤調査を行い強度のある地盤であるか調査します。着工後は瑕疵担保険の検査が二回あります。基礎配筋や耐震金物など建物の強度に影響する重要な部分を検査します。完了に近づいてくると、社内検査があり、木工事検査、完了検査の二度に渡り行われます。職人の目で家の隅々まで細かくチェックします。その後、建築確認の検査があり、建築基準法という法律に添った家であるか市町村の検査員の方が来て検査します。その他にふるさと信州環の住まいの助成金をご利用のお客様の家には、地方事務所の検査員の方が来て申請内容に沿った家であるか検査します。お客様に安心してお住みいただくために、完成までにはいくつもの検査をさせていただいております。

1ページ (全357ページ中)