「耐震」「免震」「制震」の違いは何ですか?

まずは大まかに説明させていただきます。

耐震:家を堅く強く造って、地震の震動に対抗すること

免震:建物と地面の間に鉄球や積層ゴム製の免震装置を設置し、建物を地面から絶縁して、振動を伝えないようにすること

制震:建物内部に制震ダンパー(振動軽減装置)を設置し、地震のエネルギーを吸収し、振動を抑えること です。

耐震については建築基準法で義務付けられています。
つまり建物を新築する際には、一定の耐震性能を「必ず確保」しなくてはなりません。
義務付けられている耐震レベルは、「耐震等級1=数百年に1度発生する地震に対して倒壊・崩壊しない強度」となりますので、すべての新築住宅が「耐震等級1以上の性能を確保している」ことになります。

それに比べて、免震と制震には法的な強制力はありません。

耐震住宅+免震or制震=より地震に強い家となりますが、免震と制震には費用が掛かります。

家を建てるのに、他にも優先していきたい事項がありますと予算オーバーになる可能性もあります。

免震も制震も大切ですが、予算やも大切です。優先順位を明確にし、ご自身(ご家族)が納得いくお家を建てて頂きたいと思います。

美し信州建設では、ご家族皆様に喜んで頂けるお家づくりをご提案しております。

お気軽にご相談下さい。


 


 ■もっと美し信州建設を知りたい方へ

 

私たちについて

こつこつと木曽ひのきのいい家づくり

お客様と一緒に、設計の匠・技術の匠・技能の匠が、

お一人お一人の暮らしに合った理想の設計をし、

長年培った技術と腕の良い職人の技、そして吟味に吟味を重ねた高級木材を使い、

ひとつひとつ丁寧に心を込めた家を造り続けています。

美し信州建設は、地元に愛されて40余年。

届けたいのは笑顔と安心。本当の快適さ、本物の住まい。

社員・パートナー(職人・納材業者)が「協働と和」を合言葉に

お客様第一の姿勢で取り組んでまいります。

実際の建物を見てみたい!

陽なたの家モデルハウスへどうぞ。

「百年経っても丈夫で、美しい家」
「自然から奪うのではなく、借りる家」
「信州育ちの木を使った家」
「職人が心をこめてつくり上げた家」

美し信州建設が日頃めざしていることを凝縮したのが、
モデルハウス「陽なたの家」です。
嘘も飾りもない私たちの姿を、このモデルハウスでお確かめください。

 

モデルハウスの詳細・見学予約はこちらからどうぞ!

 

 

資料請求をする

 

美し信州建設の注文住宅を体感していただけるイベント開催中です。

ご興味をお持ちの方、こちらからご覧ください。

イベント情報を見る